40代未亡人の迷走日記

日常のあれこれ、未亡人のおばさんが迷走している日記です。

ブログ更新1年10ヶ月経過

 

気づいたら、ブログ更新の振り返りも忘れていました。

1月は全く忘れていました。正月からなんか世間で色んな出来事があり、私の中でも少なからず、いつもの流れを忘れてしまうぐらいショックだったのかもしれません。

 

あとは、PCが使えないっていうのは大きいですね。

今は、騙しながら使っています。修理に出さないといけないんですけど…

 

毎日更新をやめて、月~金更新へ

年始にはてなアプリの不具合で、毎日更新が途絶えた事もあり、ブログ更新の見直しをすることにしました。

せっかくのこの機会。毎日更新に執着するばかりで、内容も気にせず惰性で続けていた毎日更新をやめてしまおう!
ブログを始めた当時は、ブログ以外特に何もやっていなかったのですが、今は物作りを挑戦しているのでブログの時間を捻出するのが難しい…。

今までの人生も変にあれもこれもやらねばならない…と勝手に自分に努力目標を作って結局疲れて嫌になっているので、ここは発想を変えた方がいいと。

ええい!それなら物作りは週末にしているので、平日はブログ、物作りは週末に分けよう!

嫌になってしまいたくないので、長く続けられる選択をしました。

その結果、今は両方楽しめているので良い感じです。

 

「今回伝えたい事」たまにはやめてみた

いつも最後に書いている「今回伝えたい事」

何となく”まとめ”的な感じで使っているのですが、時々自分でも「はぁ?」と思う事もあります。

あまりにも変だなあ・・と思う時は、やめてみることにしました。

だからといって、何もかわらないのですが。

長く続けていくには、時々「型をあえて崩す」も必要かなと

 

1月のアクセス数

 

20240211194336

毎日更新から月~金更新に変えましたが、アクセス数は50前後で、一時期に比べたら少し少ないかな。でも数を気にしないようにはしています。

しかしブログの更新が平日になったからといって、アクセス数が極端に減ったというわけでもなさそうなので、このまま自分に心地よいペースでやろうと思います。

 

ブログを読んでいただきありがとうございます

読んでいただいている皆様、読者になってくれている皆様、☆をくれる皆様
ブックマークをしてくれる皆様、コメントをくれる皆様
たまたま、検索でこのブログが目に留まったあなたも!

 

迷走している40代後半のオカンブログを読んでいただき感謝しかありません。

皆さまのおかげで毎日更新が続けられています。
今後もご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

 

20221124075924

ゆるい猫日記33


猫日記のカテゴリーがめちゃくちゃになってて、整理した時にわかったのですが

ゆるい猫日記の投稿が今年が初だということに気付きました。

あら、どうしてだろ。

 

猫さんが病気になったわけではありません。

なんなら、超元気です。

 

もうすぐシニアになるというのに、食欲旺盛だし、元気いっぱい

すごく嬉しいことです。

 

最近の食欲旺盛っぷりに正直困っております。

一度にすべての量をあげると、がっつきすぎて必ず吐くから…。

 

最近、半分の量をあげています。

最初の半分はすぐにたいらげてしまい、足らないっていう不満顔でずっとニャーニャー鳴いています。

 

吐くから絶対に与えませんが…可哀そうだから、あげたい私の気持ちをもわかってほしい。

 

 

がっついているのをやめさせたくて、食事の邪魔した時に取れた写真

舌出しているのは非常に珍しい

20240211193633

 

今回伝えたい事

私だって心を鬼にして、ご飯を2回に分けてあげているんだよと伝えたい。

 

ほろ苦い思い出が全くない人生を過ごしてきた

今週のお題「ほろ苦い思い出」

 

節分の次は、バレンタイン。

最近は友チョコとかそういうのも減ってきたのでしょうか?自分チョコが多いような印象です。

 

ほろ苦い思い出

あれば良かったのですが。

全くない学生時代を過ごしました。

 

この歳になると、ほろ苦い思い出が残せるような学生時代を送れば良かったなとつくづく思います。

 

とっても太っていた私。もし私がチョコを渡したとして、相手が迷惑だろうなと思っていたので渡すなんて絶対にできませんでした。

あんなデブからもらいたくねーな。

とか言われたら、それはそれで立ち直れないと思っていたからだと思っています。

自分の心を傷つけないために、一歩踏み出すことができなかった学生時代です。

学校って本当に狭い世界なので、下手なことをしたら一瞬で噂が広がってしまうのが怖かったんだと思います。

好きの気持ちより、自分を守る事で精一杯。結局それぐらいの好きだったんでしょうけど。

 

今はどうなんでしょうか?

SNSの普及もあり、学校以外でも出会いの場は沢山あるし。

私たちの頃よりは、人に知られずに好きな人と連絡取れたりできるのかな?

 

ほろ苦い思い出は、実は学生の時しか作れないんですよね。

今悩んでいる学生の方にはぜひともチャレンジして欲しいなと思います。

 

この歳になると、良い事も悪い事も

「ああ、そんなことあったなぁ」

って笑って話せたりするもんです。

 

今回伝えたい事

ほろ苦い思い出がある人が羨ましい!

 

 

素敵な高齢者に学ぶ充実した老後の過ごし方

最近、割と高齢者の元気な方と話をする機会が増えました。

仕事上もボランティア活動も70代以上の方と関わることが本当に多いです。高齢者社会だなとつくづく感じています。

 

私も老後もできるかぎり健康で過ごしたい、できるだけ人に迷惑をかけずに過ごしたいという願望がありますが、未来はどうなるかわかりません。

 

多くの元気な高齢者と接していると、私の理想とする老後を送られている方を見ていると色々共通点を感じます。

 

 

私が普段出会う素敵な高齢者の特徴

  • 自分のできる範囲で他人に奉仕する
  • 自主的
  • 好奇心旺盛
  • 謙虚

 

自分のできる範囲で他人に奉仕する

自分の得意な事、無理せずにできることのボランティアに関わっている感じがします。

シルバー人材センターに登録したり、小学校の登下校の見守りをしたり。

無償だし自分に利益はないけど、やってて楽しいと口にされます。

 

自主的

1人でも飛び込んでいく姿勢が強いです。

そして、そこで気が合えば友達ができたらラッキー言った感じ。

誘われたではなく、私が行きたいから行く。

残り少ない人生、人に振り回されるなら自分のしたいことやりたいねん!と口にされます。

 

好奇心旺盛

やってみたい事があれば、年齢も性別も気にせずに飛び込んでいます。

上手い下手なんて気にしない。

とにかくやってみたいから挑戦。

やりたい事でスケジュールがパンパンだと口にされます。

 

謙虚

無関心ではないけど、必要以上に主張しません。

周りを見て、発言が必要な時はする。

目立たず、かといって逃げたりもしません。

お育ちが良いと思わせる雰囲気をお持ちです。

よければ手伝おうか?とおっしゃられます。

 

理想の老後を送るために、私はどこから手をつけようかな…

音楽の力で心を穏やかにする

今週のお題「元気を出す方法」

 

私の場合は「音楽を聴く」に限ります。

 

焦っている時、落ち込んでいる時、逃げたい時。

決まって音楽を聴きます。

その時の気分に合わせて聞くので、固定された曲はありません。

 

若い頃は、歌詞を全く気にせずメロディで元気になる事ができましたが、子どもを産んでからは、歌詞がビシーッと刺さる事で元気になり心が穏やかになることが増えました。

 

だから聞きたいときにすぐ音楽が聴ける事が私は重要です。

昔は、落ち込んだら自宅ではCDデッキをスイッチON。通勤通学時は必ずウォークマン。

何を聞いていたかなあ?と

 

メロディで元気になれるのはサザン

若い頃、落ち込んだり凹んだりしたときに聞いた曲は

サザンオールスターズの「希望の轍」

この曲のメロディを聞くと、いつでも凹んだ気持ちが穏やかな気持ちになります。


www.youtube.com

このイントロ部分。何度聞いてもキレイ。

嫌な気持ちをリセットする力があると思っています。

 

原さんの最初のキーボードの部分では、ザワザワした心が、静まり返った心へと変化し

「ヘイ!」

の部分で一瞬にして

自分の心の中で、何かパチン!と弾ける

そして次のメロディで

止まっていた電車が走り出す風景が頭の中で想像されます。

「夢をのせて、走る車道…」

桑田さんの歌声が始まると

私はこんなことで止まっていたらダメだ。動こう。

いつもそう思わせてくれます。

 

歌詞で心が穏やかになれるのはback number

私はback numberの歌詞の表現がとても美しいと感じています。聴く度にどうしてこんな言葉が思いつくのだろうと。

 

特に印象的だったのは息子が思春期の時、どう向き合おうか悩んでいた私に刺さった

back number「青い春」


www.youtube.com

ああ、今息子なこんな感じなのかもしれないと。

思春期の息子の気持ちがわからないし、男の子ということもあり私とは感じ方が違うかもと悩んでいました。思いを強く伝えれば伝える程、逆効果になる思春期。

 

ああ、もがいているんだ。息子自身も。

この曲を聴きながら、私のおさまらない気持ちを沈めていました。

 

今回伝えたい事

素敵な音楽を作ってくれているアーティストのおかげで、何度も元気になれた

 

コンビニのセルフコーヒー詐欺、中学校校長の懲戒免職処分について私が思うこと

中学校校長がコンビニのセルフコーヒーをレジで指定したサイズより大きいサイズのコーヒーを注いでいて懲戒免職処分になったという話がニュースで取り上げられてました。

news.yahoo.co.jp

コンビニのセルフ式コーヒーで、支払った金額よりも多くの量をカップに注ぐ不正を繰り返したとして、兵庫県教育委員会は高砂市立中学校の校長を懲戒免職処分とした。県教委などによると、校長は昨年12月、レギュラーサイズ(110円)を注文したのに、ラージサイズ(180円)の量をカップに入れたとして、窃盗の疑いで書類送検されていた。昨年6月から12月まで約半年の間、複数の店舗で同様の行為を7回も繰り返していたという。

引用:Yahooニュース

 

たった7回。合計490円で懲戒免職処分。

この校長は59歳ということで、退職金がこれでなくなってしまうと。

もし私がこの人の妻だったら、情けないというか、どう表現したらいいのかわからない感情が出てきそう。

 

この処分が重いのでは?とXでは物議が交わされた様ですが。

うーん。確かにネタにされやすそうな話題だなと思いつつ。

 

個人的には、わいせつ行為教諭とこの校長が同じ懲戒免職を同等の扱いをするのは違うのではないかと思っている。

確かに、校長は認識していてコーヒーサイズをごまかしていたところは悪質だと思うけど、誰かを傷つけたか?と言われるとそうではない。校長の立場で何かをしたわけじゃないし。お店に損を出したけど、心まで傷つけてない。

 

一方わいせつ行為教師って、その子の一生を傷つけていると思う。教師という優位性に立って、相手を逃げられなくしているのだから。被害者は人も信用できなくなるし、トラウマは一生抱えているのではないかと思っている。


この両者が同じ処分?なんか納得いかないな。

損害を出すのは悪いけど、教育者は人を傷つける方が段違いに悪いんじゃないかと私は思っている。

校長のしたことはもちろん悪い。でも聖人君子の人間なんて、私は50年近く生きてきたけど、見たことないけどな。

 

私は、どうやってこの校長が毎回大きいサイズのボタンを押していることにたどり着いた経緯の方が気になって仕方ない。

 

今回伝えたい事

これぐらい良いやろうって、軽い気持ちが足元をすくわれることもある。

 

物価上昇の影響を感じた手巻き寿司の節分

2月3日は恵方巻。
関西から昔からその風習があったと言われていますが、私がこの風習を知ったのは大学生になった頃です。大学生の友人たちは1/3は恵方巻を知ってたかなという感じ。

 

私の中で節分は恵方巻だよね!なんていうイメージは全くありませんが、ご飯のメニューを考えるのがめんどくさいので、巻寿司を食べている感じです。


さて。今年はどうしましょかねと思っていました。当初の予定は一人だったので、恵方巻を予約せずに直接その日に適当に選んで食べるかと思っていたのですが、息子が帰ってきました。

ふと

「手巻き寿司は一人で食べれない」

と思ってしまい、今年は恵方巻は買わずに「手巻き寿司」にしました。

 

スーパーの総菜売り場は恵方巻を沢山売っていますが、手巻き寿司をする家庭も多いため、鮮魚コーナーも「手巻き寿司セット」がたくさん売られていました。

普段手巻き寿司するときは、材料を色々買わないといけないのですが、セットになっているとありがたいねと。

ただ、セットの難点は苦手な物も入っているということ。

個人的にサーモンが苦手でして(食べた後に胃がもたれるので)サーモンが入ってないセットは存在しないんですよね。

結局いつものように、食べたい具材を選んでレジに向かいました。

 

お会計をすると

ん?

めっちゃ高くない?

これなら恵方巻買った方が安いかも…

 

という状態でした。

 

どうも昭和の感覚が抜けきれない私。

手づくりは買うより安い!という思い込みがあったのですが、材料+手間+片付けを含めて考えたら、時には買う方が安い場合があることを知りました。

 

今年は玉子焼が上手く作れたし、作って食べる楽しみも含めて手巻き寿司だから良かったんですけど。

なんか腑に落ちません…

 

今回伝えたい事

物価上昇をヒシヒシと感じた節分でした