40代未亡人の迷走日記

未亡人が自分探しの迷走日記です。

背割堤地区の桜のトンネルは映画のワンシーンみたい

f:id:ogoemon:20220406165621p:plain

今年はもう桜は満喫したので、もうどこにも行くつもりはなかったのですが、たまたま昼前のTVニュースで
「背割堤の桜が見どころです」
おお。これはきれい。どこにあるの?八幡市なら今からでもいけるんじゃない?とまた即座に行く事を決めました。

背割堤って初めて聞いたので、急いでスマホで行き方を検索。

www.yodogawa-park.jp

今は桜まつりをしてるから直行臨時バスが出てるとのこと。これは迷わずに必ずたどり着けることができるやん。

バスは1時間に1本間隔。これは急がねば!


そそくさと家をでて、お昼は適当に地元駅前で済まして、阪急電車に乗車。
阪急西山天王山駅で降り、バスが出ている東改札口へ向かいます。
なんか人が並んでるぞとおもったら、背割堤行の直接バス乗り場でした。
バスでこの混み具合…覚悟が必要かしら

 

西山天王山駅を出発し、背割提に近づくにつれ道路がかなり渋滞です。サイクリングの人が颯爽と横を通っていきます。前から思っていたのですが、サイクリング愛好者はなぜあんなに細身なのでしょうか?私も自転車乗るの好きなんですが、太身は向かないのかなぁ・・。あ、話が脱線しました。


覚悟はしていましたが、到着するとかなりの人が見に来ていました。背割堤は約250本の桜が1.4kmにわたって植えられているそうです。外から見てもずっと続くピンク色にわくわくします。

20220406163954

中に入り、歩き始めると本当に桜のトンネルでした。歩いても歩いても桜トンネルが途切れません。コロナ禍となり何となく人と間隔をあける習慣がついたこともあり、人が密接して歩きにくいこともありません。映画のワンシーンの様な桜トンネルを堪能しました。舗装されているので、とても歩きやすいです。

20220406164009

本当にたくさんの人が写真を撮っていましたが、桜の木の前でランドセルを背負って写真を撮っているご家族を見ました。嬉しそうな女の子の幸せな表情にこちらも気持ちが温かくなります。


最終地点まで行きましたら、あとは外から桜を眺めるつつ、スタート地点に戻ります。

20220406163946

少しだけキッチンカーや出店も出ていたので、本来ならば花見場所でもっと人が多い所なのかもしれません。コロナ禍は不便なことも多いですが、人の密集が減るのでそこは嬉しいなと思うときがあります。

 

帰りは京阪八幡市駅まで歩いて、京阪電車で帰りました。桜並木より駅までの人混みの方が多かった気がします。
今日もまた違った桜を堪能できて良い日となりました。

 

今回お伝えしたいこと

  • 背割堤のいつまでも続く桜トンネルは見ごたえがある。
  • ふと目に入った情報が気になったなら動くべき。