40代未亡人の迷走日記

未亡人が自分探しの迷走日記です。

結婚生活において、お金の苦労は受け入れられない人は多い

まだ私が何も世間を知らない女子大生の頃の話です。

 

大学の先生と割と距離が近く、昼休みに食堂で先生と一緒に食べる事はよくありました。先生は当日40代ぐらいだったのでしょうか?既婚で子どもは居なかった記憶はあります。先生がしてくれた話で妙に覚えている雑談があります。

 

あなた達もいつか結婚するかと思うけど、結婚生活が長くなるにつれ、どんな人でも相手対してにはこの1つのうちどれかは受け入れないといけなくなると思うのよ。

  • 頭が薄くなること
  • 太ってしまうこと
  • お金に苦労すること

場合によっては3つとも受け入れないといけなくなるけどね(笑)
と先生は微笑みながら言っていました。

何も人生経験のない、よく言えばまだ夢がたくさんある若い私たちは、色々口々に自分の意見を述べていましたが、みんな絶対に受け入れられない答えは同じでした。

「お金に苦労すること」これはやっぱり無理ですよ!先生って。


その当時の私たちの意見はこんな感じでした、
髪が薄くなるのは、体質的な問題で、本人に原因がない。
太ってしまうことは、痩せる事も可能。
でも、お金に苦労することは、どう考えても夫婦喧嘩の原因になりそう
だから受け入れられないかなと。

 

さてさて。私の周囲の結婚した人達はも結婚し10年~20年経過してきています。
先生と同じ年齢になった現在、どんな状態かと言いますと

 

旦那さんが太ったのを受け入れている人が1番多く、
旦那さんが髪薄くなったのを受け入れている人も数人。
お金に苦労してる事を受け入れている人は居ません。見事に全員離婚しています。

 

やっぱりお金に苦労する事を受け入れられない人が圧倒的に多いと言うことだと思います。若い私たちは喧嘩の原因と思っていましたが、そんな甘いレベルではなく、離婚の原因になっていました。

 

やはり見た目は歳を重ねていくと老化は避けられませんし、お互い様なので責められない人がほとんどです。夫は変わらないけど、私が太っちゃったっていう人もいます。

でもお金の苦労は、お互い様の問題ではありません。共同経営者として方針が違うという問題なので、受け入れられないのだと思います。


お金を切りつめても、浪費家の夫(妻)に困っている
お金を使わせてくれない、節約家の夫(妻)に困っている
家計相談内容のコラムを読んでいると、この手の話もとても多いです。

 

でも結婚前ってお金の価値観について相手と話をすること本当に少ないです。私もそうでした。日本人は何となくお金の話がタブーな風潮があります。
私の母なんて、父や私たち子どもにですら、未だにお金のことは一切言いません。せめてどこに口座を持っているぐらいは言っておいて欲しいです。

やはりお金の価値観が似た人と結婚しないと、離婚してしまう可能性が高くなるということなのでしょうか。でも自分と逆の価値観を持つ人と結婚した方が、長所と短所を補え上手くいくのではないかと個人的には思います。


ある一定を超えてしまうと「補う」が「被害を感じる」レベルになってしまうのか。

最後に話は脱線しますが、私の周りの離婚原因で「浮気」は1件もなく、見事に「お金が原因」で離婚しています。やっぱり金の切れ目は縁の切れ目なんでしょうか…。

 

今回伝えたいこと

結婚前に可能な範囲で、お金の価値観について話し合っておく方が良いかも。