40代未亡人の迷走日記

未亡人が自分探しの迷走日記です。

選挙で思うこと

今回は期日前投票をしました。
個人的にはこれといって誰に投票してもかわらんなと思っているのが本音です。

東京に比べたら少ないのかもしれませんが、大阪は土地柄的になんじゃこの人?といった候補もチラホラ…お見かけします。
私は必ず選挙広報を読む事にしているのですが、よくわからない政見を書いていて、明らかに票が取れなさそうな人が、どう言う経緯と意図で出馬してるのか、いつも気になっています。

 

誰に投票しても一緒やし、どうでもいいわと言う考えは好きではないので、国民の1人として必ずきちんと毎回選挙に行っています。

 

選挙バイトの体験談

数年前に一度選挙のバイトをした事があります。
朝の6時前から夜の20時すぎまでという本当に長いバイトです。

途中お昼休みはもらうことはできますが、お昼休みに外へ食べに行くことはできません私の仕事内容は、投票券を有権者にお渡しする係でした。

 

「そんなずっと単調な仕事嫌や」という人が多いのですが、私はかなり楽しめるタイプで、色んな人がやってくるのが面白くて仕方ないのです。

朝1番の投票箱は蓋があいていて、最初に来た有権者に中身が空っぽであることを確認もらうのですが、その大役を絶対したいおっちゃん2名の登場。朝早くからご苦労様ですとこちらも思います。その役目をしたくて仕方ないらしいですね。

 

いやはや、絶対選挙なんて興味ないでしょうみたいな家族が一家揃ってまじめにやってきて投票をしていく姿を見ると、見た目で判断してごめんなさいと、自分の偏見に対して反省させられます。

 

ペットと一緒に入ろうとして止められる有権者もいます。
補助犬以外はそりゃあ、あかんでしょと思うのですが、散歩のついでに選挙に来ている人は多かったです。奥さんと交代で外でわんこと一緒に待つ形で投票されて帰って行かれます。

 

この二人が夫婦なんだと思うぐらい、なんかアンバランスな夫婦が来て投票を済まして帰る姿をみると、夫婦って本当に面白いなぁと思います。

全体的に家族でそろって投票にくる印象が私にはあります。「選挙行ってから外食するんだ」という内容のモーニング娘の歌詞にあったと思うのですが、あれはまんざら嘘ではないと感じます。

 

私の勤務した会場では終了前に「もう終了しますよ〜」と大声を出して周囲に知らせていたので、そんな事をやってるとは知りませんでした。

 

長い1日の中で退屈を感じるのは、当然誰もこない時間です。なんとなく人の波が途切れるタイミングが昼過ぎから時々発生し始めます。その時は本当に何もする事がないので暇になってしまいます。かといってベラベラ話するわけにもいきません。その時間が本当に暇で仕方ありません。

暇になると人間は見事に睡魔が襲ってきます。そこを耐えるのが一番つらかったです。

 

あー眠いなぁ、誰か来ないかなぁ…と思っていると、いつの間にかまた人が増え始めると、何故か一気にたくさんの人が会場に来ているので、人は何となく行動したい時間が同じなのかな?と思ってしまいます。

さっき来てくれたら、こちらも暇じゃなくてありがたいのにな…とか思いつつ、そう上手くはいきません。

 

終わったら、会場管理者は急いで投票箱を持って開票会場に向かうのですが、他のメンバーは会場をお借りする前の状態に戻して1日の勤務が終了となります。
一度バイトを経験すると、選挙会場の人に対して1日頑張ってくださいねと思うようになりました。

 

今回の投票率は前より良かったみたいですが、もう少し投票率が上がって欲しいと個人的に思います。
当然した方はこの票の重みを認識して、若者が希望もてる日本になるようにしていただきたいです。

 

今回伝えたい事

国民の権利として投票に行きましょう。