40代未亡人の迷走日記

未亡人が自分探しの迷走日記です。

正社員という肩書を捨てて

仕事を辞めたきっかけが、仕事とプライベートとのバランスが取れず、爆発してしまった自分がいます。

本当は爆発してしまう前に、自分の中で無理しないようにしたら良かったのですが…

 

正社員という肩書きを捨てて半年。何が変わったか整理してみました。

 

正社員をやめたデメリット

  • 定期的にお金は入らない
  • 社会保険の自己負担は重い

当たり前ですが、予想より社会保険がキツイですね。でも貯蓄には余裕があるので、まだ生活を切り詰める必要はなく、今までと同じように過ごしています。

  • 働いて居ないと、社会からの疎外感を感じる
  • 正社員で再び働く事が怖くなる
  • 頑張れずに辞めてしまった自分が情けなく感じる
  • 採用の面接で辞めた理由を聞かれるのが怖くて応募できない

自分の未熟さや、自分は社会不適合者と感じてしまっている事がすごく大きいです。
正社員じゃないと一人前ではないと頭で思ってしまっているので、正社員で働けないのは、社会で認められない存在になっているような気持ちがずっと離れません。

正社員で働いて、プライベートも生き生きと両立させている人に対して羨ましい。どうして自分は両立させられることができないのか、情けないと思っています。

 

正社員を辞めたメリット

  • 時間ができたので、無理ができるようになった
  • やりたい事に挑戦する余裕ができた

今は週4日で働いています。週末にお誘いを受けても、あと数日でお休みがあると思うとちょっと週末に無理しても休みあるから参加しよう!と思うことができるようになりました。
平日の夜と週末は家事をするだけで終わってしまっていたので、平日のお休みはやってみたかったハンドメイドを楽しんでいます。
運動しなくてはいけないと思っていましたが、嫌いな運動を貴重な週末にするなんて絶対に嫌でした。今はYouTubeを見ながら、自分のできる範囲から軽い運動に挑戦することができるようになりました。

  • 朝起きて、動くのがいやじゃなくなった
  • 日曜の夜が憂鬱ではなくなった

今の職場がとても雰囲気が良く働きやすいので、前向きに働くことができています。とても簡単な仕事ですので、もう少しやりがいある仕事に就いた方がいいのでは?と思うこともありますが、職場で皆さんが「細かいところを手伝ってもらって助かります」と言ってくれるとすごく嬉しいです。
今振り返ると、前の職場は仕事に対して後ろ向きな人が多く、前向きに働きたくても自分を我慢することしかできなかった毎日だったので、行くのがしんどかったです。

 

 

こうやって文字にすると、我慢して働いて、プライベートも我慢して、自分の心に気づいていなかっただけで、我慢我慢オンパレードの毎日だったのではないかと思いました。そんな日々は長く続けらるわけがないですね。

 

この先どうしようか、全く考えていません。
最低限の収入で、時間を大切にして生きていくのもいいなと思う反面、正社員になり再び社会の一員として世の中に貢献し認められたいと思う自分もいます。
自分を大切にしたいくせに、他人から評価されたい気持ちがある、今の私には両方を手に入れるのは難しいです。

 

ブログを書いていて、今気づきました。
自分を大切にしていないのに、他人から評価されるわけがないですね。

こんなシンプルなことに気づいていないかったとは!!
また、ここから変われそうな気がします。

 

今回伝えたいこと

正社員を辞めると、社会保険の負担はまあまあ重い。
正社員を辞めると、ストレスはすごく減る
我慢ばかりの日々は、いつか限界がくる