40代未亡人の迷走日記

未亡人が自分探しの迷走日記です。

自分の好きなことを認識した瞬間

現在は、アルバイトでゆるーく働いています。
今の職場の他の営業所で働いていた経験があるので、業務内容はある程度似ているのでわからないことは少ないので助かります。雇用契約は今の所8月末までとなっており、仕事を中途半端にほったらかして契約終了となるのは迷惑がかかりそうなので長期にわたりそうな内容の仕事は「あえてやらない」姿勢を取っています。

 

そうなると、日々に片付く仕事だけだとやることがなくなってきます。特にお盆になるとお客さんも減ってきますし。業務が減ってきます。
他の方は忙しそうにしているのに「ひまだぁ~」と言うのもちょっとね。

コロナ禍となり、約2年半。職場にある感染対策パーティションが突貫で作ったらしく、安定が悪くなって倒れることが増えてきて皆さんが困っています。かといって、経費もないので良いパーティションを買ってもらえそうにありません。

他の営業所ではダンボールとビニールシートだけで作っていると一人の職員さんが情報を教えてくれたので

「材料と設計書さえあれば、私作ります!!」

 

時間潰しになるな!と思い、できるかどうか自信もないのにやりまーすと高らかに宣言してしまいました。手先は器用な方だし、どうにかなるやろと。

 

20220811095752

職員さんが調達してくれたのは、95×160cmの平面ダンボール2枚のみ。
設計書には各パーツのサイズだけ。詳しい手順は一切書いていません。
おお。意外と設計書が雑じゃないかと驚きながら、8個作成する手順を考えました。

普通の人なら、まず1個作ると思うのですが、それをするとダンボールが足らなくなってしまう可能性を考え

  1. ダンボールで各パーツ×8個を無駄なく取れるように、事前に方眼紙に各パーツの配置図面を書く
  2. 図面上では余分ができたので、予備を1つ追加して図面修正。
  3. 図面に書いたとおりにダンボールに各パーツの線を引く
  4. すべてのパーツを切り取る
  5. とりあえず1個をつくる
  6. 残りを作成する

 

各パーツをまとめて並べて切る方が、1つづつ測って切るより切る作業が断然楽になるので、1の作業中に、一人の職員さんが

「行き当たりばったりに作り始めないところに、職人気質を感じる!」

と。

え?普通はそうじゃないの??

絶対先に全部決めた方が楽だと思うんだけどな。

 

5番まで進めると1つ完成、我ながら上手く作れたと大喜びしていました。

 

実際に机の上に置くと・・・あ。正面に置くのはサイズピッタリなのですが、側面に置くには大きすぎたのです。あちゃーこういう事はよくあります。
各営業所によって、机の大きさは違うから仕方ありません。側面サイズにあわした小さいものに変更するのは、基本があるの簡単にアレンジ可能です。

 

3日間かけて、黙々とダンボールとビニールを寸法通りに切り、組み立ててビニールを張りつけて完成。机の正面用4個と側面用を5個。
我ながら黙々と作業することが、こんなに好きなのかと思うぐらい、楽しく作業していました。

 

みなさんに
「いやー。ビニールを貼り付けるのは少しずつボンドで貼り付け、程よくテープでピンと張らせながらやるのがコツなんですよ。案外難しいんですよ」
と制作ポイントを解説したかったのですが、さすがに自己満足で終わらせておきました。


完成写真をブログに掲載したかったのですが、アルバイトでも職場の写真をネットに上げると色々問われる可能性があるので、残念。

 

契約終了後も、このパーティションは当分の間使ってくれるんだろうなと思うと、ちょっと嬉しい気がしました。

 

今回伝えたいこと

私は物を作ることが好きなんだと、改めて認識しました。