40代未亡人の迷走日記

未亡人が自分探しの迷走日記です。

大型家具の処分は大変

先日、ダイニングテーブルセットを買ったと同時に、タンスを処分しました。

結婚の際に買ったタンス。夫との思い出の一つなのですが、数年前の地震で少し歪んでしまいました。思い出の品でも、使いにくいために半分は使っていない状態。それはタンス本来の機能を果たせていません。その割にはかなりの場所を取る…
「どうやって捨てよう」と今年に入ってからずっと考えていました。

ダイニングテーブルセットを買った時の話はこちら

meisou2ndlife.hatenablog.com

 

大型品の処分は人力かお金が必要

タンスのような大型品の処分は、なかなか簡単にはいきません。
色々調べた結果、人力とお金(人力をお金で解決する)が必要とわかりました。

我が市のタンスの処分方法は以下の2点なら可能です。

  1. 大型可燃ゴミに出す
  2. ゴミ廃棄処分場に持ち込む

大型可燃ゴミに出すには、決められた日の朝8時までに収集場に出せばよいのです。
ただ、息子と2人で運べる大きさではありません。
「その日の朝早くに来てくれる人力の調達」が必要となります。


一般的な「なんでも屋」に頼むと早朝料金も上乗せとなりますが、力に自信がある人が来てくれると予想されます。

処分屋をしている知人に聞いてみたところ
近くのシルバー人材センターに頼めば元気な朝から動けるお年寄りが数人来てくれるし、一番安くなるのでは?と教えてもらいました。

 

ゴミ廃棄処分場に持ち込む方法は、自分の都合の良い時間にすることができます。
こちらも同じで、息子で運べる大きさでもないし、我が家には車がありません。
「運び出して、処分場に持ち込む人力と車(運転手)の調達」が必要となります。
一般的な「なんでも屋」に頼むことになります。
ジモティー等で調べて見ると、私の周辺では大体12000円が相場でした。

 

家具の買い替えなら家具屋が運んでくれる

ニトリや無印といった所では、同じ家具であれば、運び込んだ時に持って行ってくれるサービスがあります。

今回であれば、タンスを買えば、古いタンスを持って行ってくれるという事になります。普通の家だと古いタンスがなくならないと新しいタンスを置くことができないからだと思います。
今回の私のケースだと買い替えではなく「単なる処分」のため対象外です。

家に投函される家具処分しますの業者は注意が必要

よくポストに「不用品処分をお手伝いします」といったチラシが入っています。
この業者の中に、たまに悪質な業者もあり
「家庭に入り込み、必要以外の物も処分させる」ことを狙っている場合があります。

高齢者の家庭を狙っているケースが多いそうですが、高齢者は自分達で処分ができないので、他に色々一緒に処分させるように促すそうです。
ドカドカっと勢いよく言われ、拒否する余裕もなくあれもこれも処分させられたというお話を聞きました。

やはり業者に頼む場合は、最低でも数社見積もりを取ることをオススメします。

私もそうですが、見積もり交渉が苦手な人は

  • 交渉が得意な人に頼む
  • 見積もりの話をするときは、1対1ではなく自分の方にも協力者を一緒に立ち会ってもらう
  • ボイスレコーダーで交渉内容を録音していいですか?と用意する

という感じで、対応するのが良いと思います。

 

20221118081308

我が家は幸い、ダイニングテーブルセットを買った時に

「お金出すんでタンスも一緒に処分できませんか?」とお願いしたら

3000円いただけたらいいですよ!と嬉しい回答があり処分することができました。

ラッキー!なんでも屋に頼むより安くつきました。

 

今回伝えたいこと

大型家具の処分はお金が発生することを考えて買う様にしましょう。