40代未亡人の迷走日記

未亡人が自分探しの迷走日記です。

ブログ書くネタが思いつかないので、ブログについて考えてみた

私のこのブログは4月から始め5か月が経過しようとしています。

とりあえずブログに主なコンセプトはなく、「迷走」がコンセプトかもしれません。

毎日何かをアップすることだけを目標にしているので、その目標はとりあえず果たせていると思います。中身については、迷走しているので、なんとも言えません。

 

毎日何書こうかな?と今まではそれなりに構想が出てきていたのですが、ここ最近はパソコンの前に座っても、スマホの画面を見ていても「何も思い浮かばない」のです。

真っ白な画面を見ながら「うーん」

20220830191118


何かないかと、目を閉じ、今まではここで「あ!これにしよう!」が思いつくのですが
そのまま目を閉じたまま、昼だと意識が遠くに行ってしまう事も。

いっそのこと、今日はブログについて考えてみることにしました。

 

ブログを始めようと思ったのは、何か始めてみたかったから

子育てという、私にとって人生の一大プロジェクトが終了しました。もう必死に子どものために頑張ることが私には必要なくなってしまったのです。仕事も辞めてしまい、何も頑張っておらず社会に取り残されている日々でした。

時間ができると、やりたいことがたくさんあったはずなのに
「私は遊んでていいの?」「働くべきでは?」
どこか社会に取り残されている色んなモヤモヤで押しつぶされそうでした。

本に「ブログを毎日とりあえず1年間続けてみよう!」と書いてあったのでとりあえず軽い気持ちでやってみることにしました。

ブログを始めたことで、自分を客観的に見れる様になった

ブログを始めると、自分で書いていながら、自分に気づきを与えてくれました。

  • 自分は深層ではこう思っていたんだ
  • 自分がこうであるべきと考えていた事は、あまり必要ないかもしれない
  • 自分は今まで十分頑張ってきたんだ

落ち込んだりするときには、客観的に捉えられることで納得できることが増えました。

 

今の悩みは書く時間がかかりすぎて、ブログを読む時間がない

最近、少しずつ他の人のブログにも目を通すことにしています。読みだすと面白いのです。

  • 毎日同じ型にそって、毎日のことを書く人
    あ、今日はちょっとしんどかったんだ、今日は楽しかったんだとか。
    人の心の本音がみえるのが楽しいし、安心します。

  • 個性的な自分の視点を持っていて、理路整然と意見を書く人
    私は人の本音が見えることは好きです。この人はこう思っているんだと知ることが非常に楽しいのです。
    自分の意見を堂々と言えることに共感し、私も目指したいと思っています。

  • 淡々と同じジャンルで書く人
    羨ましいんですよね。1つのジャンルで徹底的にブログを書ける人。
    私はどうしても「深堀型」のタイプではないので、尊敬しかないです。
    目指すというより、どちらかといえば憧れの存在です。

 

そうやって色んな人のブログを読んでいると、気づけば自分のブログを書き始めようと思っていた時間を大幅に過ぎてしまうようになりました。

だからブログを書いてから人のブログを読む事にしているのですが、最近書くことがスランプ気味なので、読む時間も減ってしまうのです。

 

このままでは、楽しいと思って続けているブログが「負担」になってきそうな気がします。負担にならないようには何か工夫をしなければなりません。

私は日々思いつくことを書き続けている迷走雑記なので、もう少し内容を絞った方が継続するには良い気がします。この5か月間(約150本)を一度分類分けをし、発信する内容の傾向を見てみようかと思います。

 

ブログを使って、自分の弱い意志に負けない様にする

ブログで書くことで、めんどくさいから実はやりたくないと思っている事から、逃げずに取り組むために自分に言い聞かせるために書く事がたまにあります。

そう。上記に書いた過去ブログの分類分けも

「本音は面倒と思っていてやりたくない」

150本となると、休日を費やして取り組む必要がるありますから…かなりの負担です。

 

ブログに書くと何となく自分の中で読者と約束しちゃったと思い込み、重い腰が上がるのです。誰も見てないと思いますが、もしかしたら1名の人でも覚えててくれるかもと勝手に思い込むだけで、私はやる気が不思議と出てくるのです。

 

今回伝えたいこと

何も書くことが思い浮かばないので、ブログをネタにしてみた