40代未亡人の迷走日記

未亡人が自分探しの迷走日記です。

飲み会で聞く男性のアホな話は人間味があり面白い

私は結構飲みの席での男性が語る自分の話を聞くのが好きです。男性は酔ってくると割と自分の話(私はアホな話と思っている)をする人が多いので、男の人が多い飲み席に行くのが好きです。
友人でない女性飲み会は、ネットで探したら見つけれそうな話が多いので飲んでいて面白くありません。

その点男性は、その人しか体験できないアホな話を語る人が多く、その人を知る事ができ、私に経験できない事が多く聞いていて楽しいです。

※関西人の言う"アホ"は少し愛情・愛嬌・優しさも含まれ、決して呆れているわけではありません。

 

エロ画像を集めまくっていた先輩

これはもう20年近く前の話なのですが、先輩は独身の頃から、どうやらネットでエロ画像を集めるのが大好きだったようです。
飲み会の中でみんなが、どうやって、どれぐらい集めてるねん!という話になり、一時期話題になったWinnyで大量に画像のやり取りをしていたと教えてくれました。
そして、その量が1TB(テラ)。

その当時のよくある最大容量の単位がGB(ギガ)だったので、私はその時初めてGBより大きい「TB(テラバイト)」という単位を知ったのを覚えています。
GBより大きいサイズを集めるって、どれだけすごいねん!と衝撃でした。

思わず私は、奥さんは怒らないんですか?と聞いたら結婚の時に奥さんにエロ画像がバレて見「全部捨てろ!」と激高されたそう。半分は泣く泣く捨てた…けど、あと半分はこっそり家にあるよと言っていました。

 

クソ真面目そうな同僚が風俗にクラウン1台分突っ込んでいた

人事のAさんは仕事中、全く冗談も言わず、朝から晩まで黙々と仕事をしています。
どちらかといえば「堅物」に見えて、たまに話をすると難しい言葉で論破するタイプだったので苦手だと感じる人が多かったみたいです。
何故か、私は飲み会の席でその方の前に座る事になり、適当にお話をしていると
酔っ払ってきたAさんは
「俺、風俗大好きで、めっちゃ風俗にお金突っ込んでます」

と爆弾発言を私にぶっこんできました。
普段の働く姿と違い、普通の女性ならばドン引きだと思いますが、なかなかのギャップに私はAさんに対して興味が出て質問してしまいました。

私:「マジっすか!総額どれぐらい?」
Aさん:「そうですねー。たぶん、高級車1台、クラウンぐらいは買えますね!僕、酒もたばこもしませんし、ギャンブルもしません。だから風俗ぐらいいいでしょう」

ここまできっぱり「正当化」されると潔さを感じます。
彼は、確か妻子持ちだったはずなので

私:「奥さんはご存じなの?」
Aさん:「ええ。知ってます。妻が妊娠中、風俗で病気もらってきたから怒ってました」

そりゃ怒るわ。でも風俗通いは奥さん公認なんだそうです。奥さんの度量がすごいわ。

 

ゲイバーで襲われそうになって怖かった男前先輩

とても男前の先輩が、会社の人に連れられてゲイバーに行ったそうです。男前先輩がにトイレに行ったら、急いでゲイバーの店員がトイレに入ってきて襲われそうになって身の危険を感じた話をしてくれました。
ゲイと言えども、男性の筋力を持っているので、細身の男前先輩は全く抵抗しても歯が立たなかったらしく、他の人がトイレに入ってきたから良かったけど、あのまま誰も来なかったら「俺絶対あっちの世界に引き込まれていた」と教えてくれました。
ことの鮮明な部分まではさすがに伏せられたのですが、かなりやばかったご様子。

トイレから出て、連れてきてくれた先輩に襲われた事を言うと、

「〇〇君男前やもんな。俺は何度か来てるが、そんな目に合った事ないぞ」

と言われたそう。

この話を教えてくれた男前先輩が最後に

『このまま男性もいいかもなぁ・・・って俺一瞬思っちゃった』

という発言が私には印象的でした。

 

ギャンブルや仮装通貨で大金を溶かした話も聞いた記憶あったんですが、鮮明に思い出せたしくじり話は、3つともエロ系の話題。自分が絶対経験できないから記憶に残りやすいのかな?

 

私は自分に関係なければ全くエロ系の話をしてもらっても気にならないのですが、そう思わない女性も多いので男性の皆さんご注意くださいね。

 

今回伝えたいこと

お酒の場では、周囲に合わせた話題をしましょう。